耳鼻科 岡山県岡山市南区のみやはら耳鼻咽喉科 副鼻腔炎 ちくのう症

HOME >  ちくのう症ってどうしてなるの?

ちくのう症ってどうしてなるの?

始まりは風邪から 〜誰もがかかる急性副鼻腔炎〜

まず鼻の中に風邪のウィルスや、
花粉症の場合は花粉が入って、くしゃみや鼻水が頻発し、
鼻の中(鼻腔(びくう))が炎症を起こします。

この状態を鼻炎といいます。

これを放っておくと炎症は鼻の奥(副鼻腔)まで
広がって副鼻腔の中も腫れてきます。

副鼻腔は自然口(しぜんこう)という直径2〜3mmの
小さな穴で鼻腔とつながっていますが、
鼻腔や副鼻腔が腫れてくると自然口が狭くなってきて、
鼻腔と副鼻腔の間を副鼻腔にたまった鼻水が通りにくくなってきます。


すると副鼻腔の中の鼻水が閉じ込められて、
その鼻水にばい菌がくっつくと膿(うみ)ができて、急性副鼻腔炎になります。

症状は、黄色くて粘りけのある鼻水がたくさん出たり、
鼻が詰まって鼻水がのどに落ちたり、場合によっては、
副鼻腔の近くにあるために歯やほっぺたやおでこが
痛んだりとほっぺたや目のまわりが腫れたりと顔全体に
いろんな困ったことがおこります。

鼻の中の炎症が副鼻腔に広がるまでには
時間がかかりますので、風邪が治りかける頃に
鼻水が黄色くなってきて、副鼻腔炎と診断される場合も多いようです。

岡山県岡山市南区福浜西町、福浜市営住宅より徒歩1分の場所にある耳鼻科、みやはら耳鼻咽喉科です。当院では赤ちゃんからお年寄りまで岡山市の市民をはじめとする全ての方に安心して治療を受けていただけるようスタッフ一同がんばっています。

〒702-8034 岡山市南区福浜西町6番17号  ちくのう症ってなに?ちくのう症の診断
ちくのう症ってどうしてなるの?ちくのう症の恐ろしさ
子どもはなぜちくのう症にかかりやすいか?ちくのうって臭うの?
ちくのうって頭痛がするの?ちくのう症の手術
ちくのう症の薬鼻茸ってなに?ちくのう症はこうして治す
コラム監修者ごあいさつちくのう症のよくある質問
サイトマップアクセス診療予約
受付時間案内表

都合により診療時間途中で受付を終了することがあります。

休診日: 木曜・日曜・祝日・
土曜の午後

交通案内 当院のアクセス方法はこちら

 

順番予約が可能な時間
【月・火・水・金】
AM 8:30〜12:00、PM 3:30〜6:00
【土】
午前のみ  AM 8:30〜12:00
携帯電話やパソコンを利用しての受付方法についての詳細はコチラをご覧ください。
舌下免疫治療サイト 睡眠時無呼吸症候群サイト 花粉症お悩みサイト オンライン診療を始めました!
  • ブログ
  • みやはら耳鼻咽喉科 LINE公式アカウント
  • アクセス・診療時間
  • 順番予約 初めての方でもOK! Click
  • 携帯ページ

    QRコードに対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページもご覧頂けます。

    QRコード
    みやはら耳鼻咽喉科知っとく情報 ブログでは書ききれない、ためになる医療情報を配信中! ご登録はコチラ
    バックナンバーはこちら
    購読解除はこちら
  • みやはら耳鼻咽喉科
  • 子供の病気と耳鼻咽喉科
  • 難聴専門サイト
  • 中耳炎専門サイト
  • のどの病気専門サイト